\ブログを発信しています!/
超わかりやすいテレワークの始め方

最も重要な経営資源である「ヒト」に関する知恵(インテリジェンス)で経営課題の解決をサポートします!

予防的労務管理:企業に発生する労働トラブルの予防から解決までサポートします!

予防的労務管理とは、事前に予想される労働トラブルに対する対処をすることをいいます。
予防的労務管理の実践により労務トラブルあるいはトラブルの重症化を予防し、より良い解決に向けた複数の手段が選択可能になります。

特長1:就業規則を中心とした予防的労務管理に重点を置いてサポートします

予防的労務管理の実践により労務トラブルあるいはトラブルの重症化を予防し、
解決に向けたサポートをいたします。予防のポイントは就業規則の活用です。

就業規則を作成しただけでは、予防的労務管理としては不十分です。
最新の法改正情報や裁判例・判例、行政通達、社会情勢によって適宜見直しが必要ですので、
少なくとも4~5年(できれば2~3年)に1度のペースで
就業規則および諸規程のメンテナンスを受けていただくことをお勧めします。

就業規則とは会社が作るもので、なおかつ、会社を守る大切なツールです。
そのため、経営者、人事担当者には就業規則の適正な取扱い方法を知って頂くことが大切です。
特に、解雇や雇止めなど労働契約に関する重要な決断をする前には、
条文の誤った解釈を防ぐために、専門家のコンサルティングを受けて頂きたいと思います。

特長2:助成金活用により実質費用負担を軽減した予防的労務管理を推進します

【教育訓練】【人材育成】【職場定着】【人事評価制度整備】等の取り組みを
助成金を活用して行うことができます。
助成金を活用するためには、要件に沿うように取組を行っていく必要がありますが、
御社の業態・規模・ビジョン等をよくヒアリングした上で、最適な助成金をご提案し、
労働局への計画届出から受給申請までトータルでサポートいたします。

予防的労務管理では、会社のコンプライアンス遵守が重要です。
副次的な効果として、助成金受給の要件を満たす取り組みを行うことにより、
無理なく コンプライアンス遵守する企業体質に変わっていくメリットもございます。
また、仕事と家庭(育児・介護)の【両立支援】を推進する助成金を活用することにより、
優秀な社員さんの育児や介護による離職を予防する取り組みを行うことができます。

御社に最適な助成金を活用することにより、
実質費用負担を軽減した予防的労務管理の推進が可能になります。

特長3:笑いを活かした、活力のある職場づくりを支援します

組織のパフォーマンス・アップに、「笑い」を活かした職場づくりはいかがでしょうか?
「笑い」は健康に良いだけではなく、ポジティブな気持ちになり、また周囲の人をも笑顔にして職場のコミュニケーションを円滑 にします。職場のコミュニケーションにより、双方向的に仕事に必要な情報や学びを得ることができます。しかし、一方的にコ ミュニケーションを取ろうとしても、相手がコミュニケーションを受け取る気持ちになっていないと、想いが通じないものです。 それは、「心のコップが上を向いているか、下を向いているか」と例えると、心のコップが下を向いているようなものです。私は 「笑い」によって下を向いているコップを上に向けることができるのではないかと考えます。なぜなら、笑うことでストレスを発 散し、気持ちや表情が明るくなり、お互いに笑顔を交わすことにより心の距離が一気に近づくことができるからです。最初は体操 だと思って始めた笑いであっても、継続することにより自然な笑いができるようになります。そして、最終的には、職場の「報・ 連・相(ほう・ れん・そう:報告・連絡・相談)」がスムーズになることが期待できます。いつも笑顔で、ナンバーワンを目指す強い組織を作りましょう!

タイトルとURLをコピーしました