DX(デジタルトランスフォーメーション)で企業価値の向上を実現

DX(デジタルトランスフォーメーション)で企業価値の向上を実現

DX(デジタルトランスフォーメーション)で企業価値の向上を実現

デジタル化による人事労務管理の変革(トランスフォーメーション)

東豊社労士事務所では、デジタル化により働き方改革を推進することを主軸にDX化支援を行います。
例えば、仕事と家庭との両立支援対応や災害・感染症などBCP発動時の対応として、業種によってはテレワーク(在宅勤務)が有効なことがあります。
最近では、在宅勤務を希望する求職者が増えてきていますので、テレワーク(在宅勤務)ができる求人募集は、採用競争力が高いと考えられます。

アナログからデジタルへ

テレワーク(在宅勤務)ができる体制にするには、これまでアナログであったものをデジタル化する必要があります。
  • 資料を紙媒体から電子媒体に変更する
  • 会議をオンラインにする
  • 金銭の授受を電子決済にする
  • 会計ソフト、給与計算ソフト、タイムカードをそれぞれに対応したクラウド型アプリに変更する など

就業規則

さらにテレワーク(在宅勤務)におけるルールを「テレワーク就業規則」や「在宅勤務管理規程」などの社内規程で明確にします。

  • テレワーク(在宅勤務)の許可・承認・取消・出社命令などに関する定め
  • 就業の場所に関する定め
  • 労働時間の管理方法に関する定め
  • 通勤手当の計算方法に関する定め
  • 費用負担(通信費、光熱費など)に関する定め など

セキュリティ対策

  • マルウェア感染対策
  • 不正アクセス対策
  • 端末の紛失・盗難対策
  • 情報の盗聴への対策 など

テレワーク(在宅勤務)による働き方改革をサポート

東豊社労士事務所は、テレワーク(在宅勤務)による働き方改革をサポートします。

テレワーク(在宅勤務)が困難な業種の場合、まずは、取組できるところからデジタル化を進めます。テレワーク(在宅勤務)が困難な業種は労働集約型産業であり、人手不足でお困りの企業が多いと思います。更なる人手不足を見据え、デジタルで省力化できるところは可能な限り機械化し、人にしかできないことに労働力を集約する狙いです。

テレワーク(在宅勤務)が可能、推進されている業種」の場合、既にデジタル化が進んでいることも多いですが、人事労務管理(勤怠管理・給与計算など)アプリの導入や、「テレワーク規程」「在宅勤務管理規程」の施行によりテレワーク(在宅勤務)のルールを明確にします。

東豊社労士事務所は、特定社会保険労務士博士(医学)ISO30414(人的資本開示)リードコンサルタント/アセッサー、のトリプルライセンスによる専門性を持つ代表社労士 林 利恵が企業の実情に応じたテレワーク(在宅勤務)による働き方改革の助言指導をいたします。

どうぞお気軽にお問い合わせください

東豊社労士事務所 お問い合わせ
特定社会保険労務士・博士(医学)林利恵【東豊社労士事務所】お問い合わせフォームです。【全国対応】オンラインでのサポートです。労働トラブル対応、就業規則・人事制度の構築、人的資本データ分析を得意としています。お気軽にご相談ください!

DX(デジタルトランスフォーメーション)に関するコラム