助成金・補助金で企業価値の向上を実現

助成金・補助金で企業価値の向上を実現 助成金・補助金

助成金・補助金で企業価値の向上を実現

助成金・補助金を活用して実質費用負担の軽減した企業価値の向上を実践

助成金も補助金も、主に国や地方公共団体から政策目的に合った取り組みを行う事業主へ支給されるお金です。厚生労働省が所管する雇用関係助成金は、予算の範囲内ではありますが、支給要件を満たせば受給できるものです。経済産業省(中小企業庁)が所管する補助金は要件を満たしていたとしても採択されない場合があります。

雇用関係助成金ですと、大きなトレンドは「賃上げ」「仕事と育児・介護の両立支援」「非正規から正規化への促進」が挙げられると思います。

経済産業省(中小企業庁)が所管する補助金では、「IT導入補助金」が人事労務管理のDX化促進につながると思います。

いずれも将来の企業価値の向上に資する取組と考えますので、これらの取組への意欲がある経営者様に向けて、助成金・補助金を活用した実質負担軽減のご提案をいたします。

助成金・補助金を受給するためには、要件に沿うように取組を行っていく必要がありますが、御社の業態・規模・ビジョン等をよくヒアリングした上で、最適な助成金・補助金をご提案し、計画から申請まで伴走型で支援をいたします。

中小企業をメインに助成金・補助金申請をサポート

多くの助成金・補助金は中小企業を対象にするものが多いですが、東豊社労士事務所は、業態・企業規模に合わせて柔軟に助成金・補助金申請を情報提供や伴走型でサポートします。

当事務所では、労務顧問を継続1年以上ご継続のお客様のみ助成金の提出代行に対応しておりますが、ご契約期間によらず全ての労務顧問のお客様は月次Web面談にて、助成金・補助金申請に関する書類作成等のコンサルティングを受けることにより、自社で申請を行って頂くことが多いです。

助成金・補助金には「経費助成や賃金助成」「制度導入助成」の違いがありますが、当事務所では特に「経費助成や賃金助成」など先に支出を伴う金銭への助成金・補助金については、提出代行ではなく、自社での申請により手残りを多くして頂くことをお勧めしております。2024年4月執筆時点では、キャリアアップ助成金(正社員化コース)、両立支援等助成金、IT導入補助金など、自社でのお手続きの伴走型支援をしております。

東豊社労士事務所は、特定社会保険労務士博士(医学)ISO30414(人的資本開示)リードコンサルタント/アセッサー、のトリプルライセンスによる専門性を持つ代表社労士 林 利恵が企業の実情に応じた助成金・補助金申請の助言指導をいたします。

東豊社労士事務所の助成金・補助金申請サポート

顧問先様向けの3種類のサービス

東豊社労士事務所では助成金・補助金申請サポートをコンサルティングと位置づけ、次の3種類のサービスに分類しています。

  1. 各種書類の作成指導のみ
    【時間がかかっても良いので、自力で申請したい、コストを抑えたい方向け】
    労務顧問の月次面談で、お客様作成資料への助言指導をします。顧問料に含みます。
  2. 助成金申請の要件を満たす就業規則の作成代行
    【お急ぎの方、専門家の手で作成して欲しい方向け】
    労務顧問先様が対象です。当事務所で就業規則を作成します。顧問料に含みません。別途費用を申し受けます。
  3. 社労士が法令に基づき提出代行できる助成金申請の提出代行
    【お急ぎの方、専門家に手続きして欲しい方向け】
    1年以上ご継続の労務顧問先様が対象です。当事務所で助成金申請書類を作成し、提出代行をします。顧問料に含みません。別途費用を申し受けます。

就業規則(リンク先をご参照ください)

助成金・補助金(リンク先をご参照ください)

業務内容(リンク先をご参照ください)

ご契約までの流れ(リンク先をご参照ください)

料金(リンク先をご参照ください)

どうぞお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ
特定社会保険労務士・博士(医学)林利恵【東豊社労士事務所】お問い合わせフォームです。【全国対応】オンラインでのサポートです。労働トラブル対応、就業規則・人事制度の構築、人的資本データ分析を得意としています。お気軽にご相談ください!

助成金・補助金に関するコラム